聖バレンタインデーとチョコレート

2018/02/14 20:47
2月14日は血塗られた日だということを知りつつも、 愛でいっぱいの日にしたのはチョコレート会社の商戦ばかりでなく、 戦争や宗教弾圧など悲劇を繰り返さないための人々の心の集合体のような気がします。 デパートも世界中のショコラティエのチョコが並び、いつも閑散としている空間が活気づきます。 クリスマスもバレンタインもハローウィンもの日本発祥でなくても、 世界一楽しんでいるのが日本人のような気がして私は好きです☆ 被爆国の日本がチョコレートで「愛をいっぱいにする日」と考え..

続きを読む

チョコレートの味

2018/01/24 12:09
たまに遊び感覚で自分でも簡単な生チョコを作ったりします。 (板チョコ200グラムとバニラアイスクリーム80グラムがたまたまあればですが……) 久しぶりにデパートで目にしたので懐かしくてそのチョコレートを購入してみました☆ アレ?会社名が……え?そうだったけ? 疑問に思ったのですが、それよりも気になったのは味が違いました。美味しくない! 手土産にもいいサイズなのに残念です。もう買わないかもと思いました☆ 巷にチョコレートはたくさんあるので他社を選べばいいだけのことで..

続きを読む

『美しき諍い女(いさかいめ)』

2018/01/14 09:35
絵を描き始める前に興味はありながらも忙しくて見逃した映画ですが正解だったと思います☆ 3時間48分の長さは劇場で観るのはとても大変だったろうなと本当に感じました。 今だから理解できる画家の苦悩や制作過程も描いていなければ共感できなかったかもしれません。 私見ですが、描けないで苦しんでいる画家も周囲の人たちはいつも化学反応や、 リトマス試験を意識し楽しんでいるところがあります。 映画の中でミシェル・ピコリ扮する画家が言います。 いきなり、キャンバスに向かう画家もいる..

続きを読む

ブログタイトルの難しさ

2018/01/09 10:39
エスペラント語は、学校でよく脱線してくれる先生の授業で知りましたが、 不思議なことにその先生の顔と声・話し方はぼんやりと憶えているのに何の科目だったのか? 国語でも世界史でもなかったような……古典だったかもしれません。 国語でさえまだまだ理解できていないのに英語は好きでした。 だからといって好きと話せるとは違います。外国の方に話しかけられると内心焦ります。 意味がよく理解できていなくてもメロディーラインやヴォーカルで洋楽が好きだったりします。 声も楽器のように美し..

続きを読む

独自ドメインの難しさ

2018/01/06 10:46
ブログの引越しの記事移動はすぐ完了したのですが、まだまだ整理整頓のために編集状態です☆ こちらは以前から知っていたのですが、引っ越してみて使いやすさに本当に驚いています。 ブログは3代目で、10年以上も前の初代はブログの先駆けといわれるプロバイダでした。 退会時に「勿体ないですね~保存しておきたいくらいです」とまで言っていただけましたが、 諸事情でネット環境ができない引っ越しのため、閉鎖という選択をしました。 スペイン・トルコ・エジプト・上海・釜山などの旅物語を保存..

続きを読む

『ターナー、光に愛を求めて』

2017/12/13 19:29
ターナーのイメージがいい意味で見事に裏切られた作品でした☆ ターナーがコリン・ファースのような人だと今までずっと思い込んでいたので違いにまず驚きました☆ 一緒に観た友人は芸人コンビBのHに似ていると言っていましたが…… 嵐の中の無謀な挑戦、あの迫力ある絵の誕生秘話は鬼気迫るものがありました☆ 父親との信頼関係、反する自分の妻や娘たちとの不協和音、旅先で出会った愛、当時の画家たちとの交流、力関係など人間臭いターナーに触れることができた見ごたえのある素晴らしい映画でした☆..

続きを読む

『オリエント急行殺人事件』

2017/12/08 17:57
1974年映画『オリエント急行殺人事件』のアルバート・フィニーのポアロが強烈すぎて、 ケネス・ブラナーが今回のポアロだと知り、え?そうなの?どうなんだろう?と思っていました。 同じ英国俳優なのにコリン・ファースは出演映画をたくさん思い出せても、 ケネス・ブラナーに関してはどうしてだか『から騒ぎ』くらいしか印象に残っていないのです。 だからこそどんなポアロを演じるのか楽しみでした☆ 出演者は今回も前作(映画館と日曜洋画劇場でも観ました)同様にとても豪華な顔ぶれでした。..

続きを読む

生椎茸の挟み豚カツ

2017/12/07 14:04
豚カツ用の買い置きはないけど、どうしてもカツが食べたい時があります。 ラッキーなことに買ったばかりの豚汁用肉と生椎茸があったので挟みカツにしました☆ 肉厚の椎茸であれば菌床栽培のでも美味しくできます。 グリーンアスパラ・ナス・インゲンなどでも作りますが、特に椎茸はお薦めです☆ 外食でもお昼は麺類やパンよりも御飯中心の食事と決めています。 買い出しはいつも外出のついでなので冷凍庫と冷蔵庫の在庫もチェックするように心がけています。 豚汁はいつも白菜やもやしもいれるので..

続きを読む

『漂流』

2017/11/20 09:44
カール・ブッセの詩「山のあなたの空遠くで……」で始まる上田敏の訳詩集『海潮音』から抜粋した詩は小学校か中学校の授業で習い、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ……」と同じくらいに今でも印象深く残っています。今だからこのことを理解できますが、どちらも韻を踏んでいて(子供の私には音楽のリズムのように言葉がリズミカルで心地良かったのかもしれません)素敵だなと思いました☆ 『冬のライオン』(1996)を描いている時に突如浮かんできた言葉を詩にしたのが『漂流』です☆ 『冬のライオン』はマルミツ..

続きを読む

『待つ男』

2017/11/19 09:36
個展用の新作ですが、『振り返る男』シリーズから派生したモチーフです☆ 誕生日に赤い薔薇の花束と黄色い薔薇の花束を年の数だけ別の方からいただいたことがあります。 暢気な私は指摘されるまで花言葉の意味など気がつかなかったのですが、 それぞれの花言葉の意味を友人から教えられ驚いて本人たちに聞いたことがあります。 そんな意味は知らなかったと答えたので安堵しましたが、薔薇は美しいけど怖いですね。。。 今回も振り返る男を途中まで描いていたのですが、悪戯心から花束を持たせてみまし..

続きを読む

『顔だけ天使』

2017/11/18 11:02
まさか……ね?!と思いました☆ 11月1日初日に個展の9時過ぎに準備をし初めてまもなくだったと思います。 「いつまで?」「名前は?」「どこの出身?」「どこの美大?」(残念ながら美大は行っておりません) 最後は地元画家の名を知っているかと尋ねられましたが、本当に知らないのです。 この手の質問にはいつも「世界レベルの方しか存じ上げないのですが……」とお応えしています。 本当に知らないことの方が多くて困惑することもったびたびです。。 手伝ってくれていた便利屋さんにも「あ..

続きを読む

『幸福の樹』

2017/11/17 08:50
木はいつも凛として佇んでいます。 暴風雨や雪、春の嵐などにも耐えて木は土に根を張り成長しています。 個展での新作ですが、この絵をご覧いただく方々の幸福を願って描きました☆ 今日も感謝でいっぱいです♪               油彩F4号  『幸福の樹』

続きを読む