Imagine~イマジンを聴きながら。。。

ここ数日間、ジョン・レノンの『Imagine』が繰り返し脳内再生されていて、 闘病中、急死した友人、知人を想い出したりしていました。 生きとし生けるもの…… 生まれた時から死に向かって生きているのは当たり前のことですが、 なぜ?どうして?という哀しくなることが多いです。。。 自分は生かされていると感謝でいっぱいになる時、 なぜ?あの方が私より先に?どうして?という自分基準で考えてしま…

続きを読む

『腹黒い女』

グレッグ・オールマン氏の訃報にオールマン・ブラザーズ・バンドの『腹黒い女』の あの拗ねたような独特の歌い方と時折笑い声が入った強烈な音楽が蘇ってきました。。。 リアルタイムでは知り得ない音楽もその時期の仕事柄、記憶に残っていたのですが、 また聴いてみたい思いましたが、検索してみてもupされていないのが残念です。 先輩にレッド・ツェッペリンが好きな人がいて、私もいつしか好きななったことを思…

続きを読む

東京

『迷信』は スティーヴィー・ワンダーよりジェフ・ベックの方が好きでした☆ 同じ曲ですが、イントロのギター演奏のクールさで好きになったんだと思います。 ローリング・ストーンズの『黒くぬれ』やレッド・ツェッペリンの『移民の歌』『天国の階段』など、 音楽関係の仕事をしていた頃、どちらかいうと洋楽が好きでした。 ジミー・ペイジとジェフ・ベックの今回の共演はファンにとってだれだけ待ち望んだことでし…

続きを読む

カッチーニの『アヴェ・マリア』

やっとお互いの都合がついてランチのために車に乗せていただいたら好きなクラッシックが流れていました♪ その方もご主人もクラッシックがお好きでよくコンサートに行かれるそうです。 車の中で千住 真理子さんのCDを聴きながら、御兄様の千住博さんの『ウォーターフォール』が好きでわざわざ観に行ったことがあると私が話すと、その方も絵を描かれた時期があったことや、 ご友人に横尾忠則100選に選ばれた人がい…

続きを読む

ブラームスはお好き?

「交響曲第3番第3楽章」を無性に聴きたくなったのは、来客を待ちながら制作していた昨日の昼下がり。 いつものように心に浮かんでくる花を描いていました。。。 そういえば、ビュッフェの表紙画と薄さが魅力の新潮文庫のフランソワーズ・サガンや、カミュ・カフカなどを読み耽っていた時期がありました。 「私、おばあさんなのよ」という若い恋人へ別れる時に言ったセリフを鮮明に憶えています。 映画化された「さ…

続きを読む

リカード・ボサノヴァ

「リベルタンゴ」の次は「リカード・ボサノヴァ 」で朝夕問わず勝手にJAZZが聴こえてくるなんて、 本当に脳内BGMって不思議ですね~☆ 以前はパイプオルガンや管楽器で奏でられる天上の音楽のように美しい音色もありました。 それも私が不思議な出来事に気づくまでの合図のようだった気がします☆ 今は音楽だけでなく色・光・声・形でも教えてくれますが・・・ リカード・ボサノヴァ ってポルトガル語で…

続きを読む

リベルタンゴ

なぜか脳内BGMがここのところ、ピアソラの「リベルタンゴ」なのです☆ 少し前がジョージ・ウイストンでした。。。 踊れないのに、なぜ?しかもタンゴなのか? ヨーヨー・マのチェロのせいなのかな~ CMや映画・ドラマでもよく使われているせいか「僕もスキ」「私も~」と周囲では人気です☆ 踊れないくせにこの曲がかかるとなぜかカラダがフワッと浮くような心が躍るような・・・ 不思議な曲ですよね~♪…

続きを読む