『美しき諍い女(いさかいめ)』

絵を描き始める前に興味はありながらも忙しくて見逃した映画ですが正解だったと思います☆ 3時間48分の長さは劇場で観るのはとても大変だったろうなと本当に感じました。 今だから理解できる画家の苦悩や制作過程も描いていなければ共感できなかったかもしれません。 私見ですが、描けないで苦しんでいる画家も周囲の人たちはいつも化学反応や、 リトマス試験を意識し楽しんでいるところがあります。 映画の中…

続きを読む

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

ノラ・ジョーンズを最初に知ったのはクロスワードパズルででした☆ 全てのマスを埋めてヒントマスの1文字ずつを繋ぎ合わせた最終的な答。 それからまもなく映画館で観た『マイ・ブルーベリー・ナイツ』は、 ほっこりと温かくなり、希望が体中に満ちてくる不思議で素敵な映画でした☆ 映画館を出た後に無性にブルーベリーパイが食べたくなり、ケーキ屋さんを探したのを憶えています。 ノラ・ジョーンズの声も曲も…

続きを読む

『ターナー、光に愛を求めて』

ターナーのイメージがいい意味で見事に裏切られた作品でした☆ ターナーがコリン・ファースのような人だと今までずっと思い込んでいたので違いにまず驚きました☆ 一緒に観た友人は芸人コンビBのHに似ていると言っていましたが…… 嵐の中の無謀な挑戦、あの迫力ある絵の誕生秘話は鬼気迫るものがありました☆ 父親との信頼関係、反する自分の妻や娘たちとの不協和音、旅先で出会った愛、当時の画家たちとの交流、…

続きを読む

『オリエント急行殺人事件』

1974年映画『オリエント急行殺人事件』のアルバート・フィニーのポアロが強烈すぎて、 ケネス・ブラナーが今回のポアロだと知り、え?そうなの?どうなんだろう?と思っていました。 同じ英国俳優なのにコリン・ファースは出演映画をたくさん思い出せても、 ケネス・ブラナーに関してはどうしてだか『から騒ぎ』くらいしか印象に残っていないのです。 だからこそどんなポアロを演じるのか楽しみでした☆ 出演…

続きを読む

『グッドナイトバレンチノ』

無声映画のスター、ルドルフ・ヴァレンチノは、女性誌で掲載されることも多く、 病死の10日間前に彼と会食した作家メンケンからの視点で描かれたこと、 短編、そして主演俳優が監督ということにも興味を惹かれました。 今はSNSで真偽など関係なく情報が拡散され言葉は凶器となる時代。 男子トイレで化粧自販機とピンクの化粧パフを見つけたことで、 ヴァレンチノと出演映画のせいにした記事を書くのは売れる…

続きを読む

『バグダッド・カフェ』~ニュー・ディレクターズ・カット版

何度でも観たくなる不思議で心が温かくなる素敵な映画です☆ ひとつひとつのシーンや伏線が繊細で丁寧に描かれていて色使いも美しく、 古賀春江・マグリット・ホッパー・キリコ・ルソーなど私の好き画家の絵を感じるような…… 綺麗な虹。彩雲?空に浮かんだ雲・看板を塗り替えているヒロインなど時々現れるシーンは、 後半でヒロインのジャスミンのビジョンらしいとわかってなるほどと思いました☆ 冒頭の壊れか…

続きを読む

LA LA LAND

最近は話題作や受賞作だとかの理由だけでわざわざ行くこともなくて映画館から遠のいていました。 今回は誘ってくれた友人に感謝してもしきれないほど心に残る素敵な映画でした☆ オープニングのミュージカルシーンの調子が続くのかなと思ったら、 そんれも伏線になっていてどんどん映画に惹き込まれていきました☆ 何度もオーディションに落ち続けて、一人芝居の酷評を耳にしたミア。 オーナーのリクエスト通りに…

続きを読む