音叉にごめんなさい。。。

最初は白い点描画のような小さな子供っぽいシルエットでした。
そのうちに少しずつ翼も大きくなり、シルエットも黒くなったいきました。
あまりにも古今東西、マイナス・プラスの存在なのか?あらゆる方々が・千客万来で、
塩のお守りは今では使っていなくて、現在は音叉で何とかマイナスを散らしています。
ミカエルを読んでマイナスコードを断ち切ってくれるように以前はお願いしていましたが、
ミカエル自体が白のシルエットなのか黒のシルエットなのかわかりづらくなってきました。
両方ともペガサス及び馬に乗って大きな翼をバサバサとさせながら闘っているのです。
髪型も顔もまだ少年のようで西洋の貴族の立て襟のような洋服姿でよく見る天草四郎らしき扮装。
だんだん近づいてくるにつれ凄い形相なので怖くなり、思わず音叉を使用しました。
何回か音叉を使ってマイナスコードだったら散ってくれるというのがわかっていました☆
毎回、本当に異世界にでも口コミレビューはあるのかというくらいに千客万来です。
宇宙人なの?という異形な方々も行くそうにも重なっておくの方で蠢いているから気持ち悪いですが、
もう眠りたい休みたいと言い、意識を止めながら音叉を使います。
4096㎐になっているかわかりませんが、今のところは何とか散ってくれるみたいです。
ウイルスに免疫があるようにこれ以上強くならないでと祈るだけですが、
天使たちだとわかるほどに神々しい翼の数々がそれを上回るほどに来訪してくれる日もあります。
その差は何なのかまだ解明できていませんが、アトリエはここずっと30度、湿度は80です☆
強い味方のクリスタルチューナーとタワーファンで何とか熱中症に気をつけて真夏日を過ごしています。
音叉にこんなことに使ってごめんなさいと思いながら……
今日も感謝でいっぱいです♪
             
        ~熱い日にはこんな冷たいオヤツで生き返ります~
natuoyatu4.jpg

        ミカエルのイメージがどこまで変わるのか? まだまだわかりません。         
mikaeru2.jpg

mikaeru3.jpg

この記事へのコメント