懐かしい絵

8年前に寄贈したF100号を資料作成のために撮りに行ってきました♪
電車では初めてでしたが、降車客で近くの方がいらして、ご一緒させていただきました☆
滑らないように枯葉を避けながら、傾斜が急な石段はしんどいなと感じましたが、
「結構、キツイけど近いからここを通るのよ」と70代の女性は慣れたご様子でした。
石段を上がると工業大学の敷地の一角のせいか、すれ違うのはほとんど男子学生でした。
「こんにちは~」の声が清々しく樹々の間を風とともに通り抜けていきます。
PCからの地図を持参していましたが、近道を教わったのはラッキーでした☆
運動会の練習をしている園児たちを見守るママたちにあの頃の自分を重ねて、
久しぶりの光景に小さな旅をしたような気分になり心癒されました☆
たまには喧騒を離れてみるのもいいものですね。。。
今日も感謝でいっぱいです♪
amakakeru1.jpg

            「天翔ける」~F100号水彩・アクリル・パンヤ 1999年制作
                  

この記事へのコメント