あ・見つかっちゃった!

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』と『僕のワンダフル・ライフ』に続いて、
『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン世界一優雅な野獣』も誘われ楽しみにしていましたが、
うっかり一番奥中央の霊と気づかずに視てしまったのが間違いでした。。。
いつものように目は閉じているので額(第3の目?)で視ていました。
眼圧が高くなってくるようで目も以上に疲れて瞼のどこかがプチッと切れるような感覚もします。
生霊?目が合った瞬間、それはパッと消え次の瞬間、
右肩から背中に轟音とともに粘着質な物体が襲ってきました。
金縛りにあっているので、「惟神霊幸倍坐世(かんながらたまちはえませ)」を繰り返しながら、
ガムのような餅のような物体を手で払いのけ千切っては丸めて遠くへ投げるように何度もイメージしました。
10回近く心の中で繰り返したでしょうか?今回はいつもより時が長く感じました。
いつもだったら5.6回くらいで消えてくれます。さすがに疲弊しました。
最善策だとは思っていませんが何とかなりました。
昨夜、映画の誘いを受けて2時間近くの電話後、
珍しいマゼンタや青紫の光が目前で何度も光り、天使たちの祝福だと安堵した矢先でした☆
頭上が何やら騒々しいなとは思いつつ、気にもとめていなかったのです。
約束は明日ですが、今日中に睡眠を取り戻すのも難しいので今回は諦めるしかありません。
上映期間はまだありそうなのでどうしても行きたかったら独りでも行けばいいだけですが……
今度は以前に飲みに誘われてお断りした時のような誤解はしなさそうです。
視えたり、聴こえたり、感じたりしない方にはどうして説明すればわかりませんが、
家族よりも友人たちの方が最近では理解しようと努めてくれて感謝しています。
やはり体調の悪い時に無理して用事を済ませるために外出したのがいけなかったみたいです。
歩きながら変なのを連れて帰らなきゃいいけどと一瞬でも思ったのもいけなかったようです。
健康体の時は跳ね返してくれますが今回もいい教訓でした。
セルゲイ・ポルーニンって『オリエント急行殺人事件』に出ていたよね?と訪ねたら、
「それ、観てない」と言われました。
そうか、初日に独りで行ったことを忘れていました。
今夜は鎧武者は出てきませんようにお手柔らかにお願いします☆
今日も感謝でいっぱいです♪
akaimi1.jpg

この記事へのコメント