ブログタイトルの難しさ

エスペラント語は、学校でよく脱線してくれる先生の授業で知りましたが、
不思議なことにその先生の顔と声・話し方はぼんやりと憶えているのに何の科目だったのか?
国語でも世界史でもなかったような……古典だったかもしれません。
国語でさえまだまだ理解できていないのに英語は好きでした。
だからといって好きと話せるとは違います。外国の方に話しかけられると内心焦ります。
意味がよく理解できていなくてもメロディーラインやヴォーカルで洋楽が好きだったりします。
声も楽器のように美しくて魅力的なヴォーカリストが多いからです☆
好きだった洋楽の原題をそのままブログのタイトルにして、
好きな理由などもUPして忘れた頃、コメントが残されていることに気づきました。
最初の方は英語で、2人目の方からは日本語に翻訳されていて違う国の方々のようでした。
10人以上の方が私のブログについて好意的にディスカッションされているようでした。
言葉の壁で臆病になっている自分に自己嫌悪でいっぱいになりました。
ブログのタイトルにそれからは慎重になりました。
翻訳機能を使いかけたのですが、やはり怖かったのです。
海外サイトは例外を除いてはまだまだ慣れなくて、
エスペラント語を勉強しておけばよかったと思いましたが、
AIの進化に普及を期待して楽観的でいようと思い直しました☆
ブログの引っ越しをしましたが、今でもコメントいただいた海外の方々には感謝でいっぱいです♪
00100003 (2)a.jpg
        カーラーは好きで1日参加で創らせていただいたパンフラワーです☆

この記事へのコメント