惟神霊幸倍坐世

7時52分でした。
惟神霊幸倍坐世(かんながらたまちはえませ)を何度も繰り返しやっと解けました。
4時頃に一度目覚めたのですが、まだ早いし、しんどいなと横になっていました。
古い日本家屋の座敷に仏像か観音像かわかりませんが、何体か畳の上にランダムに並べられています。
たくさんあれば兵馬俑のようだなとぼんやりと思いました。
ヒューゥッと下手な口笛のような音ともに布団の上が重くなり、
足踏みでもしているかのように動き始めました。
お笑い芸人ではありませんが、「やばいよやばいよ」です;
時には「ミカエル、助けて~」と祈るのですが、
なぜか惟神霊幸倍坐世(かんながらたまちはえませ)と唱えていました。
四半世紀以上も前のことですが、私だけよく金縛りに遭いました。。。
平日でしたが仕事が休みだったのでぼんやりとテレビのワイドショーを観ていると、
金縛りの時には「かんながらたまちはえませ」と唱えるといいですよというので急いでメモしました。
そこには白装束の神々しい妙齢の女性がいました。
惟神霊幸倍坐世(かんながらたまちはえませ)
私は手帳に毎年この言葉を書いていました。
今年の手帳には書き忘れていました。
今回、顔は視なかったのですが、生きている方でしょうね。。。
憑かれやすいらしいので気をつけているのですが、困ったものです。
惟神霊幸倍坐世(かんながらたまちはえませ)と打っていると大きく一瞬ですがミルク色の光です。
ありがとうございます。
今日も感謝でいっぱいです♪

この記事へのコメント