『腹黒い女』

グレッグ・オールマン氏の訃報にオールマン・ブラザーズ・バンドの『腹黒い女』の
あの拗ねたような独特の歌い方と時折笑い声が入った強烈な音楽が蘇ってきました。。。
リアルタイムでは知り得ない音楽も当時の仕事柄で記憶に残っています☆
また聴いてみたい思いでしたが、検索してみてもupされていないのが残念です。
先輩にレッド・ツェッペリンが好きな人がいて、私もいつしか好きななったことを思い出します。
洋盤コーナーはいつも人気で週一回でしか担当できなくて、
先輩たちが残念がっていたのを思い出します。
私にもリクエスト受付担当や邦盤コーナーよりも洋盤コーナーは魅力的でした☆
リクエストが来なかったらビートルズもローリング・ストーンズや洋楽が聴き放題でしたから……
それでも新曲を挟んだり、公平になるようにジャンル違いの曲を入れたりしました。
一番好きだった仕事でしたが、生産性のない仕事はやはりいつの間にか飽きてくるのが難点です。
演歌を本職よりも上手に歌い上げる先輩がいて聴き惚れることもよくありました。。。
今も大活躍の大物ミュージシャンも挨拶にきたりしましたが、
みんなが応援したくなるような人はやっぱり共通しているようです。
ジャスティン・ビーバーのスキャンダルはともかく天使のような歌声には癒されます♪
toraianguru.jpg

「トライアングル」~F4  パステル

この記事へのコメント