『推理作家ポー 最期の5日間』

中盤で早くも「やはり、そうなのかな?」というシーンがあります。 誘拐されたポーの恋人エミリーが決死の思いで開けた穴から見たのはある主要人物の書斎。 ポーの小説の模倣犯は「本当に熱狂的なファンなの?」 もっと耽美的だったと思っていたのはあまりにも幼いころに読んだせいだったのでしょうか? 確かに残虐な猟奇殺人ですが、もう少し違った映像表現だったらと・・・ 苦手なシーン満載で途中で気分が悪く…

続きを読む

蜂蜜とオイル壺

お土産によくいただく可愛い容器の蜂蜜。 小さくてオシャレなのが多いので、ペンティングオイルを入れています♪ 以前、画材やさんで購入したのは金属製で、いつの間にかくっついちゃって蓋が開かないままでした。 その点、小瓶だとそんな心配もありません。 海外や、ギフト用によく小さくて可愛い瓶入りがありますが、 自宅用は大きめのを購入するので、オイル壺には不向きです。 画材も道具も自分で工夫する…

続きを読む